駆除依頼の増加原因 | 害虫そして害獣の脅威~一匹残らず駆除対策~
killing insect

駆除依頼の増加原因

地球温暖化の影響

insect

害虫駆除会社には、様々な害虫の駆除の依頼が毎日のように舞い込みます。これまでは、ダニやシロアリ、ゴキブリ、スズメバチなどが多かったのですが、それらを抜く勢いで増えている事例があります。それは、トコジラミ駆除の依頼です。これまで、日本では、トコジラミの発生は頻繁には起こりませんでした。海外から帰国した人や、外国からの荷物から持ち込まれたケースが僅かにあるたのみで、現在のように、原因も分からずトコジラミを背負ってしまったという例は、殆どなかったのです。一部で発生したトコジラミが、これほど蔓延を見せているのは、地球温暖化の影響とも言われています。トコジラミ駆除は、自力では難しいので、専門家に任せた方が確実です。業者を選ぶ時は、トコジラミ駆除の実績がある会社を選ぶと良いでしょう。

定期的なメンテナンスを

トコジラミというのは、生命力が強く、とてもしぶとい虫です。それ故、トコジラミ駆除も労力を要します。専門家による薬剤散布も、複数回必要と言われています。虫を死滅させる強い薬剤も、卵には効きません。生き残った卵が孵化する時期を見て、2回目、3回目の散布が必要になるのです。また、薬剤散布で、虫が完全に死滅したと思えても、更なる用心は必要です。現在は、どこでトコジラミを背負ってしまうのか見当もつかない面があります。トコジラミ発生の憂き目を見た家は、最低1年ごとの定期的なメンテナンスを行った方が無難です。虫の発生がなくても、忌避剤をスプレーしてもらうことで、トコジラミの発生を抑えることができるので、こちらはかなりお勧めです。